ストックプラスTOPページ サービス一覧 店舗紹介 キャンペーン 私書箱(メールボックス)月々2000円〜 名刺印刷1050円〜 挨拶状印刷1995円(20枚)〜 封筒印刷/翌々日仕上げ! ゴム印(300円〜)・はんこ アドレスシール1シート30片1000円 千社札 出力サービス その他のサービス
私設私書箱ページ1
 
私設私書箱ページ
私設私書箱なら銀座の有名ビル1階にあるストックプラスの私書箱が断然使いやすい!
私書箱タイトル

私書箱ご利用のメリット 私書箱サービス料金 ・オプションサービス ・留意事項
私書箱ご契約方法 ・他社の私書箱との比較 ・個人情報の扱いについて ・トップページへ

当店の私書箱サービスはHanakoの「女性に優しい・女性が得する大特集」でトップに紹介されました。

  ★お願い★ どうかオプションを含めた価格を他社と比較してください。
私書箱写真1

私書箱ってどこにあるの?
私書箱ってどこにあるの?

ほとんどの方がはじめはそう思っています。私もそう思っていました。
だから当店は女性でも安心してご来店いただける
明るくカジュアルな私書箱を目指して作りました。

私書箱のメリット
私書箱サービスを契約すると、中央区銀座の住所を自分専用の住所として使う事が出来ます。
当店の私書箱は週末起業やサイドビジネスには自宅住所を出さずに安心開業。
契約者に代わって郵便物や宅配物を受け取り、契約者専用のカギ付ボックスに保管します。
書留めや宅配便等印鑑の必要なものも無料で受け取れます。
(他社の私設私書箱ではほとんど有料です)
指定の住所に転送する事も出来ます。(オプション)
郵便物等の到着の都度、メールでお知らせするサービスが好評です
★しかも無料★←他社では3,000円ほどのサービスです
荷物の到着・発信人は電話でも確認できます。

 
私書箱利用メリット
  • 自宅などで仕事をしている方は、ビジネスの連絡拠点として私書箱を銀座の住所を利用できます。
  • 自分の名刺や封筒に住所が入れられます。(「私書箱」という文字は入りません)
  • 大学のサークルのような住所を持たない団体の共通アドレスに使えます。
  • 自宅の住所をむやみに教えたくない時などに住所を使い分けられます。
  • 女性の一人暮らしの方はセキュリティ用に。
  • 日中留守がちの方は、自分宛ての宅急便や通販の宛先をボックス宛てにすれば確実です。
  • 海外出張の多い方には海外にも転送いたします。(有料オプション)
  • プライベートな郵便・荷物の受け取りに。つまり、会社と自宅以外にもうひとつの自分専用の住所を持つ事が出来ます。
  • 企業の懸賞の宛先として利用すれば他の郵便物との仕分け作業が不要になります。
私書箱で受取れないもの
  • 現金書留・代金着払いのもの・郵便為替
  • 危険物、なま物、クール宅急便など
  • 規約以上大きなもの(ゆうパック規定 3辺合計1.5m)
  • 契約者以外のもの
  • 特別送達(裁判所から送られてくるもの)
  • 法律に抵触するもの、犯罪に関わるもの等
私書箱料金
  ※私書箱価格は税込みです。 Sサイズ
個人のみ

(屋号もOK)
Mサイズ
団体・会社・個人
Lサイズ
B4サイズもスッポリ
3ケ月 通常 9,720円 19,444円 25,920円
キャンペーン価格 7,128 14,256 21,384
6ケ月 通常 19,440円 38,880円 51,840円
キャンペーン価格 12,312 24,624 36,936
1年 通常 38,880円 77,760円 103,680円
キャンペーン価格 23,328 46,656 69,984
※ キャンペーン価格でご契約いただいたお客様はその価格のまま更新できます。
■私書箱(メールボックス)は3ヶ月以上でのご契約となります。
■Sサイズは個人のみのご利用です。M・Lも個人でご利用になれます。
■私書箱開設料として契約時に2,160円が別途必要になります。銀座店では現在、6ヶ月以上のご契約の場合は開設料をいただいておりません。
鍵の追加・紛失は1個につき1,300円です。
■解約時に鍵とメンバーズカードは返却していただきます

■DM・キャンペーン目的の利用で1日20通以上が継続した場合はLサイズに変更していただきます。
【他社との比較】 私書箱は通常ランニングコストが必要となります。(税抜き価格で比較)
ストックプラス A社 B社 C社
個人月契約料 1,800円 3,000円 5,000円 2,625円
法人月契約料 3,600円 8,000円 8,000円 5,250円
宅配・書留受け取り 無料 500円/件 300円/件 210円/件
到着連絡 無料 200円/件 300円/件 3,150円/月

たとえば週に1回程度宅配と書留が届く個人利用の場合の月利用料(到着連絡・当日引取り) 
ストックプラス A社 B社 C社
合計利用料 1,890円 8,600円 9,800円 7,455円
ストックプラスはランニングコストがかからないから断然安い!


継続ご利用料のクレジットカードによる自動引き落としのお申込をしていただきますと初回契約時に契約料から1,000円を値引きさせていただきます。(VISA/MASTERのみ)
ただし、期間満了前の当店からのご連絡は致しません。期間満了以降の解約のお申し出につきましては返金致しかねますのでご了承ください。
私書箱のオプション
私書箱あての到着連絡 郵便物等の到着をメールでお知らせします。
宛名追加 受け取り名称の追加ができます。
転送サービス メールボックスに配達された郵便物、荷物等をお客様ご指定の住所に転送します。
荷物預かり ボックスに入らない郵便物等を一時的に保管するサービスです。
ご契約者宛てのFAXをお預かりします。

  サービス ご利用単位 料 金 備考
事前契約 到着お知らせ 都度 無料 メールのみ
宛名追加(S) 1,080円/月 ひとつのみ
宛名追加(M・L) 2,160円/月 ひとつのみ
転送サービス 月1回 216円/月 切手代
実 費
月2回 432円/月 切手代
実 費
週1回 864円/月 切手代
実 費
週2回 1,728円/月 切手代
実費
スポット 都度転送サービス 都 度 540円 別途送料と代引き手数料315円が必要です
ボックスに入らない荷物・宅配物の保管サービス 都 度 翌日から1個・
108円/日
3辺 合計
1.5m以内
ボックスの容量を超えた郵便物保管 都 度 1通・
10円/日
 
FAX受信
サービス
都 度 108円/枚 カウンター渡し 

※留意事項
  • 転送サービス」をご利用希望のお客様には転送用の切手代2,000円以上を預かり金として頂戴しております。この預かり金はご解約時に残金を返却いたします。
  • 郵便局への転居届は郵政法により認められておりません。転居届けを出されても郵便局では私書箱宛の転送は受理してくれません。←重要
  • お客様の理由による期間途中の解約については、料金の返金はできませんのでご了承ください。
  • メールボックスに入らない郵便物等は、契約時のご連絡先に連絡させていただきます。連絡の取れる取れないにかかわらず、受付日翌日から1日あたりの課金となります。お引き取りは1週間以内にお願いします。
  • FAX受信につきましては、ボックスNo.の明記が条件となります。FAX受信時はボックス内に『FAX受信カード』を入れさせていただきます。レジにてお渡しとなります。
  • 最近、虎ノ門で当店の私書箱サービスのカタログ・当店の新聞記事の流用・申込書・規約内容を流用してあたかもノウハウを持っているかのように運営している業者がありますが、当店とは一切関係がありません。充分ご注意ください。
私書箱の契約方法

現在、私書箱のボックスの空きは非常に少なくなっております。そのため、店舗・サイズによりましてはご来店いただいてもご契約いただけない可能性もございます。そのような失礼を防ぐためにも、ぜひともお電話でご確認いただくか、下の「仮予約」をしていただくことをお勧めいたします。

@ 【ご来店によるご契約】
下記のご契約時に必要な書類等をご持参の上
銀座店までご来店ください。→住所は
こちら  

A 【郵送によるご契約】
ご来店が難しいお客様は、下にあるご希望店舗の「仮申し込み」から必要項目を入力して送信してください。
受付後ご本人様へご連絡の上、必要資料を郵送させていただきます

残り少ない私書箱のボックスを予約として1週間確保させていただきます。
銀座店に仮申し込み

「東京都中央区銀座」の住所


私書箱の契約に必要なもの
1.身分証明書

他店の私書箱の多くが「身分証明証不要」「偽名OK」としています。しかし、このことを利用した犯罪行為が先日の日経新聞でも報じられています。
当店では、そのようなご利用のされ方を避けるために身分証明証の提出をお願いしております。私書箱をもっと安全に、もっとカジュアルに、もっと気軽に多くの方に利用していただきたいと願っております。どうかご理解いただけますようお願いいたします。また、以下のものはすべて原本をお持ちください。当店でコピーさせていただきます。あらかじめコピーされたものでは受付できませんのでご了承ください。


  【個人の場合】
以下の〔1〕のなかから1点と〔2〕のなかから1点の2種類の証明書をご提出いただきます。


  [1] 免許証、パスポート、学生証のいずれか1つ
  [2] 保険証(住所の入ったもの)、公共料金通知書、住民票のいずれか1つ

※ただし、学生証+公共料金通知書の組み合わせにつきましては、ご契約できませんのでご了承ください。

【法人契約の場合】

  [3] [1]のほか、下記3点はすべて提出して頂きます。 (個人事業主は登記簿不要)
登記簿コピー、契約者の方の名刺、会社の所在を確認できる消印付の郵便物
2.メールボックス利用申込書の提出
3.個人、法人の印鑑
4.
使用料等の申し込み料金 

 他社との比較
必ずオプションの料金を含めたランニングコストで比較検討してください。(税抜き価格で比較)
ストックプラス A社 B社 C社
個人月契約料 1,800円 3,000円 5,000円 2,625円
法人月契約料 3,600円 8,000円 8,000円 5,250円
宅配・書留受け取り 無料 500円/件 300円/件 210円/件
到着連絡 無料 200円/件 300円/件 3,150円/月
宛名の規制 屋号も個人契約可 個人でも屋号なら法人料金
ボックスの仕様 中が見えない木目調 中が見える下駄箱タイプ
たとえば週に1回程度宅配と書留が届く個人利用の場合の月利用料(到着連絡・当日引取り) 
ストックプラス A社 B社 C社
合計利用料 1,800円 8,600円 9,800円 7,455円
ストックプラスはランニングコストがかからないから断然安い!
2014 StockPlus, All rights reserved